収入が減ったときムリのない返済方法は?

キャッシングベスト3

消費者金融などで出来た借金のムリのない返済方法はこれしかない

お給料だけでは足りないときがあって、現在、消費者金融とクレジットカード会社に50万円ちょっとの借金があるんです。あてにしていたボーナスも思ったほどは貰えず、毎月の返済もきつくなってきて、このままだとちょっと不安です。収入が減ってしまったときの、ムリのない返済方法ってありませんか?

金利の低いローンに借り換えよう!

たしかに、お給料やボーナスが減ってしまって、思ったほど貰えないってことになると、お金を借りている場合は心配になっちゃいますよね。「これまでは計画どおりだったのにな」とつい文句を言いたくなりますよね。そうなんですよ、計画的に利用しているつもりだったのに、計画に入っていないことが起こってしまうと大変です。

消費者金融とクレジットカード会社で借り入れているのですね? 実はどちらも、キャッシングの世界では金利の高いとされるところなんです。最初は「数%の金利の差なんて」と思うかもしれませんが、返済していくときには、けっこう金利の差が大きく感じられるようになってくるもんなんですよ。

ということで、優先順位を考えましょうね。収入が計画どおりになっていないのなら、支出の計画を大幅に変更してください。欲しいモノは少しガマン。ムダな支出は減らす。外食回数を減らしたり、オシャレを少しガマン。スマホなど毎月かかる費用で見直せるものはないですか? こうやって、借り入れが増えないようにすることが第一歩です。

生命保険や財形貯蓄など天引きになっているものを見直すことも大切です。いまはとにかくそれどころじゃないぞ、ということで、貯めるより返す。早く返せば楽になれますから。

次に、金利の低い借り入れに乗り換えること。これを「まとめローン」とか借り換えと言います。銀行の通常の無担保ローンなどは、他社借り入れ状況によって限度額が低くなってしまったり、新たな借り入れができなかったりしますが、「まとめローン」は例外。

給与振込先となっている銀行でまず、まとめローンがあるか調べてみること。まったくの新規よりも、実績のあるところが話も通りやすいですからね。このとき、もしあなたの審査がうまく通って、予想以上に借りられそうだとわかっても、絶対に不必要な額まで借りちゃダメですよ。あくまでも消費者金融、クレジットカードで作った借金を一括返済できる金額だけを借りるのです。

いくら多少、金利条件がいいとはいえ、たくさん借りたら返済はやっぱりシンドイものですからね!

カードローンの借金返済が苦しいときはどうすれば良い?

カードローンからお金を借り過ぎてしまった時はとても借金返済が苦しくなります。そのような時は現在の支払い方法を考えなおすことが大切です。

借金を返す時に何よりも注意をしなければならないことは約定日に遅れてしまうことです。約定日に支払いをする事ができなければ契約先からの信用が落ちますし、遅延損害金がかかってきます。カードローンを利用する上で契約先から信用されているというのはとても大事なことであり、信用が低下するとカードローンを止められてしまうことがあります。そして、遅延損害金というのはとても高い利率に設定されているので、約定日に支払いをすることができないとその高い利率で利息を支払うことになります。

カードローンの借金返済では上記のように約定日をしっかりと守ることを忘れていはいけません。そのため、支払いが苦しくなったときは約定日に遅れることがなく、しっかりと支払えるだけの金額に返済プランを変更することが重要です。カードローンはリボ払いや分割払いなど、借金を細かく分けて返すことができるので、こうしたプランを考えると良いです。毎月の自分の収入を見て支払いが可能な金額はいくらなのかを算出して逆算すればうまくプランを立てることができます。

基本的にはこのようにカードローンの借金を返すことが難しいときはプランを立て直すことになりますが、どのようなプランを考えても支払いをすることが難しいとき、それは債務整理をする必要があります。

債務整理は自分でも手続きをすることができますが、なるべく弁護士に相談をして手続きをやってもらうほうが良いです。どうしても法律の知識が必要になりますし、債務整理をする時にどの方法を利用するのが最善なのかも法的な観点から考えなければなりません。法律事務所では無料でこうした債務整理の相談をしてくれるところがいくつもあるので、時間があるときに一度しっかりと相談をしてみることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※諦めないで※自己破産しても大丈夫!?優秀キャッシングサイト All Rights Reserved.